ダイエットに欠かせない食事制限の基本

ダイエットを成功させるためには食事制限は必要不可欠。

しかし、食事制限は一歩間違えるとリバウンドのリスクを増やすことにつながります。

こうした失敗をしてきた人達が「食事制限をしてもダイエットなんかできない!」と鼻息荒く言っているわけですが、栄養を摂る食事を制限しないことにはダイエットなんか出来るワケがない。

これが真実です。

とはいえ、ただ食べる量を減らすだけでは食事制限とは言えません。

食事制限でダイエットを成功させるには、きちんと「基礎」を行うことが大切なのです。

 

食事制限の基礎は「余分なものを食べない」

たまに『食事制限=絶食』という極端な意見を持っている人に出会うことがありますが、これは大きな間違い。

そもそも人は生きていくのに必要な栄養を食べ物から摂ることしかできません。

植物のように光合成をして体で作ることができませんからね。(当然ですが)

ですから、「食べなきゃ痩せるっしょ♪」みたいな考えを持っている人ほど、食べたい欲求が爆発しやすく、それが爆発した時にドガ食いをしてリバウンドしてしまうのです。

そこで「食べるのをやめる」のではなく「“余計なもの”を食べるのをやめる」。

例えばおやつなどの間食や夜お腹が減った時に食べる夜食など・・・こうした余計な食事を減らすことが食事制限の基本なのです。

 

 

3食の食べる量もほどほどに

食事制限でもう1つ気をつけたいのは、食べる量です。

いくら間食や夜食を食べなくても、朝、昼、晩の食事の量が運動して消費するカロリー量より少なければ残りは脂肪としてついてしまいます。

そうならないためにも、ある程度食べる量をセーブする気持ちは持っておくといいでしょう。

また、最近では「キュートミー」のような食べたカロリーをカットしてくれるようなサプリメントも発売されているため、こうしたサプリメントを使うのも食事制限としてはアリだと思います。

キュートミーって?

他にも、1食を酵素だけにする「置き換えダイエット」やファスティングなど、色々な食事制限の方法が出てきましたので、自分が出来そうだな・・・と思ったものをやってみてください。

ただし、先ほども言ったように必要な栄養は摂ること!

でないと栄養失調で倒れてしまうからね(笑)

「ダイエットに欠かせない食事制限の基本」への1件のフィードバック

  1. これはコメントです。
    コメントを削除するには、ログインして投稿編集画面でコメントを表示してください。編集または削除するオプションが用意されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です